wordで卒業論文を作成するもプリンターが故障!コンビニのコピー機で無事乗り切る

卒業論文を作成し、提出期限の前日にようやく完成しました。後はwordの文書を印刷するだけで終わりだと思っていましたが、自宅のプリンターが故障し、印刷できなくなりました。このままでは翌日の提出期限に間に合わず、単位を落として留年が決まります。

それだけは避けたかったので方法を探した結果、wordの文書をコピー機で印刷する方法を知りました。

自宅のプリンターの紙詰まりを直す時に故障させてしまう

就職活動やアルバイトと並行し、卒業論文の作成にも取りかかっていました。日中は就職活動、夜はアルバイトや卒業論文を作成する時間に充て、何とか卒業式まで残り1か月の時期に内定を獲得し、後はwordで卒業論文を完成させてコピー機で印刷し、提出するだけになりました。

ただ、共同で作成している友達がまだ就職活動で苦戦している最中で、ほとんどの作業を自分が担当する厳しい状況でした。予定では2月中に完成するはずでしたが、手間取ってしまい、コピー機で印刷する状態まで仕上がっていなかったです。

アルバイトが入っていない日は朝から深夜まで卒業論文の作成に費やし、何とか卒業論文を提出する前日に完成しました。後はwordの文書を印刷するのみとなり、プリンターを持っていた自分が共同で取り組んでいた友達の分まで印刷すれば終わります。

しかし、10枚目を印刷している最中に紙詰まりが発生し、上手く排出されなくなりました。プリンターの内部を確認して紙詰まりが発生していた部分を特定し、力を入れて勢い良く引っ張ったところ、詰まっていた紙だけではなく、プリンターのローラーも取れてしまいました。

ローラーがなければ印刷をしても紙が綺麗に排出されませんし、取り付けるとしてもプリンターを分解しなければなりません。分解の仕方はわからないので、適当にやって万が一間違ってしまうと戻せなくなります。卒業論文の作成が提出期限に間に合わない状況は、最悪のケースとして予想していましたが、完成しているにもかかわらず、wordの文書を印刷できずに提出不可の状況は、全く想像していなかったです。

せめて、1部だけでも印刷を終えていれば、コンビニのコピー機を利用してもう1部を準備可能ですが、1部目の序盤で躓いたのでどうしようもありません。

翌日に提出するための方法を考える

卒業論文の提出期限は翌日の午前9時です。ちょうど大学最後のゼミの日で、メンバー全員が出席する予定でした。しかし、自宅のプリンターは故障しているため、このままでは卒業論文の提出は無理です。ゼミの教授は優しいですが、遅刻や期限には大変厳しく、提出できなかった場合は泣いても単位をもらえない可能性はあります。

それでは、寝る間を惜しんで作成した卒業論文が無駄になりますし、せっかく獲得した内定も断ることになります。今後の人生が大きく変わってしまう悪い予感があったので、何としてでも卒業論文を印刷しなければなりません。

ただ、家電量販店はすでに閉店している時間帯で、新品のプリンターの購入は無理です。友達に連絡してみたものの、遅い時間帯ということもあり、貸してくれる人は見つけられなかったです。それでも諦めるわけにはいかず、方法を探し続けまして、コンビニのコピー機でwordの文書の印刷が可能とわかりましたが、wordのデータをUSBメモリに保管する作業が必要です。

急いでUSBメモリを用意してコンビニに駆け込む

コンビニのコピー機でwordの文書を印刷すれば、明日の提出期限に間に合って卒業は決まりますが、USBメモリは1つも持っていなかったです。急いで24時間オープンのホームセンターに足を運んだ店内を探し回った結果、wordで作成した卒業論文のデータを保存するUSBメモリを発見しました。

自宅に戻ってパソコンに保存していたwordのデータをUSBメモリに移し、今度はコピー機のあるコンビニへ向かいました。コピー機を操作し、USBメモリを選択すると挿入口が出てくるので差し込みます。ところが、いくらやってもUSBメモリに入っているwordの卒業論文を印刷できません。

原因を調べたところ、PDFに変換する作業が必要だとわかりました。やったことがない作業で難しいと思っていましたが、wordで文書を保存する際、ファイルの種類にPDFを選べば良いだけで、詳しくない自分でもすぐにPDFに変換できました。

ただ、wordのバージョンによってPDFに変換する手順は異なることから、チャレンジする際はまずパソコンにインストールしているwordのバージョンを確認するところから始めることをおすすめします。

手間取るもwordの卒業論文をコンビニのコピー機で印刷する

wordのデータをPDFに変換し、再度コンビニのコピー機にUSBメモリを差し込み、サイズや濃度、部数などを指定してついに印刷がスタートしました。これまでコンビニのコピー機はA4サイズの文書をコピーする程度でしか利用したことがなかったです。

そのため、USBメモリに保存しているwordのデータを印刷できるとは知らずに驚きましたし、便利だとわかりました。何とか2部の卒業論文を完成させ、提出しました。今後、自宅のプリンターが故障して困った際は、コンビニのコピー機を利用するつもりです。

コンビニは24時間営業している店舗が多く、ほとんどがコピー機を設置していて早朝や夜間でも印刷は可能です。また、wordだけではなく、excelのデータもPDFに変換すれば印刷できるため、プリンターの必要性を感じなくなっています。

もちろん、持っていれば外出せずに印刷は終わりますが、なくてもコンビニとUSBメモリさえあれば問題ありません。他には、自宅のプリンターがインク切れや用紙切れで使用不可の際にも、コンビニのコピー機は頼りになるでしょう。

たくさん使うコピー機、でも一枚印刷するための値段を知っていますか?

ネットワークプリントサービスも魅力的な方法

コピー機でwordの文書を印刷する方法は、データをPDFに変換する方法だけではないとわかりました。たとえば、ネットワークプリントサービスも便利な方法なので、実践したいと考えています。事前に利用の登録を行い、サーバーにwordのデータをアップロードしておけば、コンビニのコピー機で読み込んで印刷することができます。

この方法のメリットは、USBメモリが要らない点です。つまり、wordで作成した文書とインターネットに接続可能な環境さえ整っていれば良いだけなので、USBメモリを持っていない人や購入したくない人には最適な方法です。

wordの他にはexcelのデータもネットワークプリントサービスを利用すれば、コンビニのコピー機にて印刷できます。ただ、全てのコンビニのコピー機に対応しているわけではないので、まずは確認する必要があるでしょう。